テープ起こし技術者のすごいところ

テープ起こし技術者のすごいところ テープ起こしという職業にも、専門的な知識と高い技術を持つ技術者がいます。
このテープ起こし技術者は、とにかく「すごい」の一言に尽きます。
具体的な特徴として、第一に驚異的な速さが挙げられます。
生放送のテレビ番組での字幕の担当者などの場では、出演者が話している内容を一字一句リアルタイムで入力する必要があるため、聞き取る速さ、文字に起こす速さ共に、相当なスピードを出し続けることができるのです。
一般的に、日本語の最も聞き取りやすい速度は一分間にひらがな三百字程度と言われていて、実際のニュースでもこの速度を保ってアナウンサーは話しています。
しかし、この普通の速さですら、一秒間に五字を文字に起こす必要があります。
バラエティ、スポーツ観戦等、番組の種類によっては倍近くの速度を要することもよく起こるため、そういったスピードに対応できる技術者は一言で「すごい」と言えます。
また、ただ早いだけではなく、その正確さもテープ起こし技術者のすごいところです。
たとえ九十九パーセントの正確さを持っていても、さきほどの聞き取りやすい速さでは一分に三回、一時間に二百回近いミスがある、ということです。
これではいくらハイスピードでも作業が止まってしまいます。
専門技術を持たない一般的な人間を高く超越する速さ、そして正確さの両面を持っていることこそ、テープ起こし技術者のすごいところです。

面倒なテープ起こしを楽にする方法

面倒なテープ起こしを楽にする方法 面倒なテープ起こしを楽にして、更になるべく正確に入力したいという方は、音声認識ソフトを使ってプログラムに一度文字を起こしてもらう方法が便利です。
最近の音声認識ソフトは、音声データファイルを読み込んでそこで話されている内容をテキストデータへと変換してくれる機能がついています。
最近の音声認識ソフトは認識精度が非常に上がっているので、それだけでもかなり正確なテープ起こしが行えたりします。
そして、音声認識ソフトで簡単な文字起こしをしたら、そのデータを見つつ自身でテープ起こしを行っていけば、通常よりも楽に作業が出来るようになってくるのです。
特にゆっくり目の音声データファイルならば、かなりの正確さでテープ起こしをしてくれることも多く、ちょっと手直しやケバ取りをするだけで作業が完了してしまうことも有ります。
高い性能を誇る音声認識ソフトは数万円の金額がしますが、それを仕事としているような方はその機能があったほうが良かったりします。
入力もその音声認識ソフトで出来るものもあり、スムーズな書き起こしが出来るのも特徴です。
よい音声認識ソフトを使えば、作業効率も良くなり速くテープを起こす仕事を完了させられます。

おすすめテープ起こし関連リンク

当日納品など、制限時間のある急ぎ書き起こしや反訳作業でも24時間納品可能なサイト

テープ起こし

新着情報

◎2017/4/5

高額時給が魅力のテープ起こし
の情報を更新しました。

◎2017/2/6

基礎から学ぶ音声起こし
の情報を更新しました。

「テープ起こし」
に関連するツイート
Twitter

RT @shinsangenya: 『怪談のテープ起こし』(集英社文庫)の重版見本が届く。初版とは帯のどこが違うのか分かりますよね。この変更は上手いなと思いました。 pic.twitter.com/0ch5uzrR5l

Twitter☂️유돈럽미란페이쨩🏳️‍🌈@ranpeiandranpei

返信 リツイート 8:32

英語での取材に便利なテープ起こしアプリ「Otter」 - ケータイ Watch k-tai.watch.impress.co.jp/docs/column/mi… @ktai_watchさんから

英語での取材に便利なテープ起こしアプリ「Otter」 - ケータイ Watch k-tai.watch.impress.co.jp/docs/column/mi…

TwitterわーむぷるS10@wormple_xp

返信 リツイート 7:02

【怪談のテープ起こし (集英社文庫)/三津田 信三】を読んだ本に追加 → bookmeter.com/books/13451709 #bookmeter

Twitterマキナ@凛fam🚺🌙☂🦀👿✝️🏰🐱🍤@Android_WPC

返信 リツイート 6:22

[みんなのケータイ]英語での取材に便利なテープ起こしアプリ「Otter」 k-tai.watch.impress.co.jp/docs/column/mi… pic.twitter.com/9LKFDgm2GQ

試験官。テープ起こし

@suzaku15 [新刊発見] 2019-03-01 怪談のテープ起こし 三津田信三 [単行本] goo.gl/ePeQgi #sinkan

怪談のテープ起こし読了。 六つの掌編と幕間からなる三津田信三お得意のメタフィクションホラー。実話怪談系からサイコサスペンス、都市伝説まで様々なホラー掌編を繰り出しつつ、それらが著者本人と編集者の生活まで侵食していく模様は矢張り筆者の十八番だと実感。個人的には『屍と寝るな』が好み

ここまで進んだGoogleドキュメントの自動音声入力!もうテープ起こしは無料アプリでOK!?|パソコン全般 デジタル@備忘録 digibibo.com/blog-entry-335… ##digibibo @orca_photoさんから

なんか…今年のテープ起こし業者に頼んだけど…なんか出来が中途半端…